総量規制の例外・除外であっても消費者金融の審査では必ず考慮されます

投稿日:

「総量規制+例外」「総量規制+除外」といったキーワードで当サイトにアクセスしてくださる方がたまにいます。
こういう方たちはおそらく多重債務のおまとめ(借り換え)して借金の一本化を希望してはいるが、何か引っかかるところがあって調べているか、もしくは既に銀行や大手消費者金融の審査に落ちてしまった方かもしれませんね。

正直「例外・除外」といったキーワードで検索している時点で何かしら後ろめたいことがあるということだと思いますので、そういった方が銀行や大手消費者金融で総量規制以上(年収の3分の1以上)の融資を受けることは難しいでしょう。

総量規制が例外・除外となるケース

総量規制とは年収の3分の1以上の借入れはできない(銀行・信用金庫を除く)という規制ですが、これには例外、除外となるケースがあります。
まずはどういった場合に例外、除外となるのかを見てみましょう。

総量規制「例外」の貸付

  • おまとめ(乗り換え)ローン、医療費ローン
  • 住宅購入(またはリフォーム)目的の貸付
  • 個人事業主に対する貸付
  • 金融医療費払いのための貸付
  • 債務者が一方的に有利となる借り換え

以上のケースにおいては、年収の3分の1を超える貸付も可能な場合があります。
実際「マンモスローン」のおまとめプランでは、当サイトからでもおおぜいの人が総量規制以上の借入れに成功しています。

総量規制「除外」の貸付

  • 住宅購入(またはリフォーム)目的の貸付
  • 高額医療費支払いのための貸付
  • 有価証券を担保にした貸付
  • 不動産を担保にした貸付
  • 不動産の売却によって返済が可能になる貸付
  • 住宅ローン、自動車担保ローン、教育ローン

以上の貸付は、すでに総量規制に近い金額の借入れを行っていても、審査に通過しさえすれば融資を受けることができる場合があります。

除外・例外となるケースでも審査対象であるという事実

注意してほしいのは「除外」「例外」になる事柄は、例外、除外になる場合があるというだけで、決して審査に関係ないということではないということです。

特に大手消費者金融の場合は、こういったこと全てが審査に影響します。
たとえば銀行で不動産を担保にした貸付を受けていれば、その時点で大手消費者金融でのおまとめローンの審査に通過する確率はグッと下がります。住宅ローンを抱えている場合も同様です。

つまり「例外・除外」に該当する要因を抱えている時点で、大手消費者金融で総量規制以上の貸付を受けることはまず不可能ですし、場合によっては小額のカードローンの審査さえ通過しないかもしれません。

おすすめは街金のおまとめローン

総量規制以上の借入れにおすすめなのは、やはり小規模の街金です。
というのも、小さな金額を大人数に貸付してもやっていける大手と違い、大きな金額を少人数に貸付したほうが小規模な街金にとっては効率的で現実的だからです。

総量規制以上のおまとめローンを希望する方は当サイトで紹介している消費者金融をお試し下さい。

なお「街金では利息が高いのでは?」と心配される方がいますが、貸金業法で利息は最高年率20%と定められていますから、街金であってもそれ以上の利息がかけられることはありません。
大手消費者金融でも年率17%前後はとられますから、健全な運営をしている貸金業者であれば大手であろうと街金であろうと年率が大きく異なることはありません。
その点はご安心ください。

新着街金!PCからも申込み可、お急ぎください!
どんな方でも必ず借りられるわけではありません。審査結果についてのお問い合わせは当サイトではなく各消費者金融にお問い合わせください。

ご融資どっとこむ

キャッシングエニー

エス・ジー・ファイナンス

マンモスローン

ユーファイナンス

-消費者金融情報

Copyright© 本当にブラック多重債務が借りれる審査の甘い金融を広告代理店が紹介 , 2019 All Rights Reserved.