ブラック多重債務がお金を借りるとき配偶者の有無を書くべきか?

投稿日:

先日、当ブログにこんなメールが送られてきました。

男性
既婚のサラリーマンです。消費者金融の審査に落ちまくっています。 ネットで「配偶者がいても書かないほうが審査に通過しやすい」という情報をみつけました。 本当でしょうか?もう失敗したくありません。貴サイトから申し込む際に配偶者の有無を正直に 書くべきかご教示ください」

私はあくまで金融広告を扱う広告代理店のスタッフであって、消費者金融業界の人間ではないのですが、一応私が把握している範囲でお答えさせていただくと

配偶者の有無を記入する欄があるなら正直に書いてください。ただ、当ブログが紹介している消費者金融なら配偶者の有無を書かなくて良い会社もありますよ。

となります。

審査結果を気にするあまり虚偽の申請をすると…

相談者以外にも「配偶者の有無を書きたくない」という人は少なからずいます。

これは消費者金融の人に聞いたのですが、申込み者が配偶者の有無を書きたくない理由の一つに「家族バレを避けたい」というのがあるそうです。

ただ、借金していることを奥様にバレたくない気持ちは分かりますが、貸付・借入は契約ですから虚偽の申請をしてしまうと後々何か問題が発生したときにあなたに非があることになってしまいます。

また同じような例で既婚女性が結婚していることを隠したがることもあるようです。
主婦の方が借金する場合、パチンコやショッピングなどに生活費をつぎ込んでしまったなど、後ろめたい理由のことが多く、万が一にも旦那様に借金がばれたくないと、既婚であることを隠してお金を借りようとするそうです。

しかしこれも虚偽の申請になりますから、後々何か問題が発生したときに契約違反になります。

そんなことしなくても家族にバレたくない場合は、その旨を消費者金融側に伝えておけば良いですし、そもそも消費者金融側も意味なく、あなたが借金していることを家族に言及することはありません。

それよりも虚偽の内容で契約することの方が問題ですから、配偶者がいるならその旨はしっかりと書くようにしてください。
なにより配偶者の有無によって審査が厳しくなったり、甘くなったりすることはありませんのでご安心ください。

配偶者名義でお金を借りる場合

ここまで「申込み時の配偶者欄は記入するべきか?」について解説しましたが、ここでは奥様が旦那名義、もしくは奥様が旦那名義でお金を借りる場合の注意点を解説します。

そもそも「本人以外の名義でお金を借りなければいけない事態がそれほどあるのか?」と疑問を持たれる方も少なくないと思いますが、実際は当ブログから各消費者金融に申込みする人の中にも、奥様が旦那様名義で、旦那様が奥様名義で、という人は結構いらっしゃるようです。

どんな事情があってのことなのかはわかりませんが、配偶者名義でお金を借りる場合は注意点があります。

それは配偶者名義でお金を借りる場合は、それがたとえ家族であっても、本人の許可を得ることなく申込みは法律で禁止されているということです。

本人の許可なく、配偶者名義で借入をした場合、配偶者が訴えることもできますし、消費者金融側が訴えることもできます。
そうなると返済だけでなく、刑事罰も受けることになってしまいます。

これは当ブログが紹介している審査の甘い消費者金融でも例外ではありません。
十分に気をつけるようにしてくださいね。

新着街金!PCからも申込み可、お急ぎください!
どんな方でも必ず借りられるわけではありません。審査結果についてのお問い合わせは当サイトではなく各消費者金融にお問い合わせください。

ご融資どっとこむ

キャッシングエニー

エス・ジー・ファイナンス

マンモスローン

ユーファイナンス

-消費者金融情報

Copyright© 本当にブラック多重債務が借りれる審査の甘い金融を広告代理店が紹介 , 2018 All Rights Reserved.